ABOUT

○大桑原つつじ園について 【一面に広がるつつじとともに自然と穏やかな心へ】 今から約300年前、参勤交代で江戸からの帰路につく会津藩(現在の会津若松市)の大名一行が、 休憩のため当家に立ち寄りました。 一行は、藩主のお屋敷に植えるために買い求めていたつつじの苗から数本を、休憩のお礼にと当家の先祖・渡邉宗一郎へ授けました。そのつつじがあまりにも美しく、当家ではその後も増殖を重ねながら代々大切に育て受け継いでまいりました。 当つつじ園は福島県のほぼ中央に位置している 須賀川市 にあります。 小高い、2つの丘と1つの畑(約1万坪)に、つつじ約100種約3000株、 西洋石楠花約50種約2000株、芍薬約50種約5万本を中心とし4月下旬~6月上旬 にかけ、丘一面パノラマに花々が咲き乱れる、自然、地形を生かした観光植物園です。 ○つつじへの思い ○生産についての思い